By admin

貸倉庫を経営する場合どんな種類があるの?


土地だけ提供して経営しない場合

土地活用の一環として、貸店舗経営を検討している企業や個人は少なくありません。具体的な経営に関しては多くの人が知らないといいます。プロに任せておけばいいという人も少なくありませんが、任せる方法についても複数存在しているため、確認してから利用することが望ましいです。
一般的に自分自身で経営しない方法となるのは、一括借り上げ・業務委託となります。両方とも、土地を提供して業者に運営・管理すべて任せる方法といえます。ただし一括借り上げの場合、施設をすべて用意しなければならないため、初期費用が掛かります。業務委託の場合は提供するのは土地だけです。ただし、委託するだけで営業努力をしてくれないといったデメリットもあるため、注意が必要となります。

自分が少しでも経営に携わる場合

大きく分けて自分だけで経営する方法と、フランチャイズに分かれるのが自分で経営する方法です。フランチャイズは自己経営というよりも、企業からノウハウやネームを借りて実施する形です。売り上げの一部を支払って経営を行うため、信頼できるフランチャイズのネームバリューがあれば、ある程度の集客率を期待できます。ネームバリューのない業者に任せると、集客率に大きな影響が出るため、注意が必要です。
自己経営の場合は設備・費用・業者の手配などをすべて自己責任で行わなければなりません。手続きや契約に関して全く分からない場合、手間がかかることは事実です。しかし、独立・起業するために実行する場合、よく考えて実施しなければなりません。弁護士や経験者たちと相談し、納得できるやり方を実現することが必要です。

物流とは、消費者へ商品を届けるサービスです。効率的にモノの運搬を促すことで、 卸売・小売業者にとっては欠かせません。